運動編

ダイエットに運動が必要な理由

「ダイエット」と「運動」の関係。それは切っても切り離せない関係ですよね。
いくら食事を見直しても、やはり適度な運動は健康のためにも必要です。
食事で摂取するカロリーとそれを消費するカロリーのバランスがダイエットには重要です。

カロリーを消費するためには、やはり運動が必要です。

消費カロリーが摂取カロリーを上回れば体脂肪にはなりません。

一つに運動といっても有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動では脂質、無酸素運動では糖質をエネルギーとして使います。

新陳代謝の高い体にするためには、筋肉と心肺機能の向上が必要です。運動で心肺と筋力を鍛えることで、新陳代謝が良くなります。
また基礎代謝もアップするので、寝ている間でも消費するカロリーが多くなり、痩せやすい体になっていきます。
しかし、むくみや冷え、骨格の歪みがあるとせっかく運動しても効果がイマイチになってしまうことも。
むくみや冷えなどが気になる場合は、まず、ストレッチやエクササイズで体を整えることから始めてみてはいかがでしょうか。

運動が苦手な人も、朝の5分だけストレッチをしてみたり、体操などで少しずつでも体を動かして慣らしていくことで少しづつ運動してみましょう。

有酸素運動でダイエット

運動の中でも「有酸素運動」と「無酸素運動」がありますが、特に有酸素運動はダイエットに効果があるといわれています。

有酸素運動とは継続的に酸素を体内に送り込みながら行う運動で、ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどがあります。
体内に酸素を送り込み、脂肪を燃焼しエネルギーに変えていくのです。
ただ有酸素運動をするのではなく、運動のタイミングや運動時間などを考慮することでダイエット効果をより高めることができます。
まず、有酸素運動を行うタイミングについて、これは朝食前がベストだと言われています。

運動でエネルギーに変わる順番としては血中の糖、そしてつぎに体脂肪となります。朝食前は体内に溶けている糖が少ないため、体脂肪をすぐエネルギーとして燃焼させやすいのです。

食前に運動をして代謝を上げることで、普段通りの生活をしていても脂肪を燃焼しやすい体になります。
次に運動時間です。

有酸素運動で体脂肪を燃やすには、最低でも20分間の運動が必要なのです。朝起きて20分間体を動かしてみましょう。

朝の運動はダイエット効果だけではなく、生活リズムも整うので心も体も健康的になれます。
毎日の習慣にして健康的にダイエットしましょう。

腹筋運動でおなかダイエット

お腹ダイエット=腹筋運動と考える人は多いと思います。

しかし、腹筋運動をしてもなかなかお腹が細くならず悩む人も多いのではないでしょうか。腹筋運動というとまず思い浮かぶのは、仰向けに寝て頭を支えながら起き上がるような姿かと思います。

もちろん腹筋を鍛えるものではありますが、上手く腹筋を使えないと首に負担がかかり痛めてしまうこともあるので気を付けなければなりません。
それに、「お腹を細くしたいから」と思いやみくもに腹筋をするだけではなかなか効果を得ることはできません。

腹筋運動だけではお腹の筋肉をフル活用することは難しいのです。
お腹の筋肉をしっかり刺激して脂肪を燃焼させるには、腹筋をする前に体のバランス・骨盤の位置を整えることが大切です。ここで、一つの方法をご紹介しましょう。
①体をまっすぐにして仰向けにねます。

②手を伸ばし、おへそを天井に向け、足先、指先までピンと伸ばします。(全身に血が通うようにイメージして伸ばします。)

ストレッチが終わったら、腹筋運動です。
①ゴムボールを用意します。

②仰向けの状態で腰と床の間にボールを挟みます。

③大きく腕を開き、胸を広げた状態にします。

④お腹を意識しながらバランスを取り、両手を後頭部に据えます。

⑤ゆっくりと後頭部を倒し、お腹の筋肉が使われていることを感じましょう。ゆっくり体を倒し、床についたらもう一度体を起こし、しばらく維持します。

このように首に負担がかからない方法で腹筋をすることで、より腹筋の効果を得ることができます。他にも腹筋運動には様々な方法があるので、いろいろ試してみて自分に一番合うもの、効果のあるものを探してみるのもいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする