栄養編

ダイエット法の中でも食事を変える方法がありますが、食事の量を減らしすぎると逆効果になってしまいます。
極端に食事量を減らしてしまうと、体に十分な栄養がいかず体に何らかの不調が出てしまいます。このようなダイエットは続きませんよね。
ダイエット中でも体に必要な栄養はしっかり摂った方が良いでしょう。中でもダイエットに重要なのはタンパク質。
筋肉のもととなるタンパク質は体を引き締めるのに必要不可欠です。
そして、ダイエットを続けるためには、基礎代謝の高い体を作ることが成功への近道だと思います。基礎代謝とは体温維持や内臓機能の活動など、眠っている間でも消費されるカロリーのことです。
筋肉量が減ってしまうと基礎代謝も下がってしまいます。これでは効率よくカロリーが消費されず、ダイエットが上手くいかなくなってしまうことにもつながります。
この基礎代謝が下がる原因はホメオスタシスという機能が働くためです。人間は何らかのトラブルで食事がとれなくなった場合でも、このホメオスタシスが働き、代謝を下げることによって、一定期間は生き延びることができるのです。
もしも、過度な食事制限でタンパク質を取らなかった場合、体は何か問題が発生していると思い込み、このホメオスタシスが働こうとします。
カロリーを気にしすぎて、タンパク質まで控えてしまうとかえってダイエットには逆効果ということです。過度な食事制限で筋肉が落ちないよう、タンパク質はしっかり摂りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする